無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
普通のオンナノコにもどります
そらぐみ終わっちゃったようエーン。さみしくて泣いております。

アリスの退団っていうのはそのスター戦力喪失という現実以上に多大なる影響があるとおもうんだ…ってあらためておもって肩を落とした前楽でした。(まさにその影響がこんな末端のファンの心にまで及んだ。)
同期をはじめ組子の惜別の情はもちろんのこと、もっと大きなものの「喪失」です。


公演の感想をナンにも書かないうちに大劇場が終わってしまったので、とりあえず頭に浮かんだことを自動筆記しておきます。


トラファルガーは大変つらかった。過去形にしてる場合じゃないけどね、まだ東京が…!ぐあー東京までに脚本書き替えてくれ…!
ではワタシが得意とする「まず不平不満を言いたい放題吐いてスッキリして、ハードルを最低まで下げたところから観ると次からはけっこう楽しいぞ」作戦でいってみますね。
吐きます。
主役二人のキャラがほんとうに無理・・・・・・
とくにエマがもうどうしよ うもなく受け付けない・・・・・・
なんなのあの女・・・・・・・
(これってニッポンジン発想?)

そして観るたびにハミルトン卿がかっこよくなっていくんですよ。どうしよう完全に北翔さんの術中にはまった><
「ネルソンさんにはツンデレ萌え属性がなかったんだね、残念だねえ」てガッカリしちゃうくらいファニーが極上のツンデレキャラにしかみえない。だって花影元帥ですよ?あの顔であの声でツンツンなんですよ?デレがこなくても萌えるだろ。
と、ハミルトン卿とファニーのキャラに盛り上がるほどにホレイショとエマに冷めてゆくこの現実をどうしたらいいの。これぜったい題材として失敗こいただろ吉正オマエー!海軍パートのテンションだけでもっていこうとしただろー!ゆうひさんもかなり困ったはず、だからこれでもかってくらいビジュアル攻めして目くらましもしくは相殺しようとしているに違いない!でもごめん、ソレはソレでコレはコレなんだ。そう、もはや演技どうこうの問題じゃないのです。

・今作最大のトピックは悠未さんがほもじゃなかったことです。これは2007年以降の宙組における特記事件ですよ。
・十の役どころになんとも煮え切らない感情があって、それは出番が少ないってことじゃなくて「動かない」ことがストレスの原因なんだと気づいた!基本仁王立ちで、言うこと言ったらスタスタッと歩いて帰っちゃう…… しかし王子(プリンス・オブ・ウェールズの実弟とおしえてもらってから楽しくなった)はちゃんとキリッとしてて立ち姿がいいなあとおもっていたらゆうひさんが「麗しい」「気品がある」「育ちの良さが出てる」とワタシが考えもしなかった最上級のホメ言葉で賛辞してくれたからもう言うことがなくなりました。十のことはゆうひさんにお任せしますネ。
・凪七くん(ホレイショのお世話係、トム)の芝居が大変いいなとおもいます。無理のない自然なキャラでまっすぐな感じが気持ちいいんです。ほんと彼は声がね…惜しい……
・吉正の青池担魂を一心に背負わされたゆうやがさらに自分の中でなにかドラマティックな脚本を書き上げてしまったようで、ツーロン海戦で命を落とした兄さん とは一体どういう関係だったのか邪推せずにいられません。(いや兄さんだから兄さんですよ。)(いやいやー。)ゆうやの荒んだ瞳はすごくイイ。
・てんれーが「バラス!」と破壊の呪文を唱えているとおもっていたら人名だった。(いちの名前だよ!)

ほらね、文章にして書き出してみるといやなことはスッキリとして、すきなことはますます楽しくなってくるんだよね。ナポレオンにまで到達できない…!
あーあと、劇団にいまお金がないってことはワタシでもわかるくらいの貧相な舞台装置で心配になりました。予算をすべて軍服新調にまわしたための結果なの?究極の二者択一だったの?


ファンキーサンシャインだいすきです。石田ショーにまちがいはなかった。イェイ!
選曲センスが神すぎるとおもう。そしてやっぱりオープニングは白ブーツだった!イェイ!
オープニングにて若い衆がイレギュラー盛り頭の造形をことごとく失敗しているなか、どうしたことか十が予想外の成功を収めていてびびる。王子のヅラといい、奇跡が起こったとしか…!
 

つづく(唐突)

| えみベイベー | 宙組・観劇おぼえがき | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |