無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
ゆとりをもって生きよう
ひさしぶりの友達から連絡がきて、カツン三重公演を観れることになりました!ピギャース!
コンサート行けることもですが、しばらく連絡とっていなかったのにこういうときにわたしのことを思い出して声をかけてくれたということが何より嬉しいのです。ありがたや、ありがたや。

えむすてにもすっかりレギュラーキャストと化していますカツン。
CD売れてないそうですが(!)、まあ売れないより売れたほうがいいに決まってますが、ここ1年以上CDを買うどころかテレビ出演もほとんどスルーしていたようなワタシがいそいそと2枚購入したというのも事実です。しょせん2枚なぞ微々たる数字ですが…気持ちの問題なのである!
「売れっ子」「売れてアタリマエ」というステータスにガチガチに囚われる必要はないとおもうんですけどね。それはそれで現実として受け止めて、じゃあここをゼロとしてがんばっていこう、いいものを作っていこう!という意識でいてくれることが大切。イメージやレッテルに追われて焦ったりするようなことだけはしないでもらいたいです。


静岡公演とテレビ出演の様子をみて、いまカツンに必要なのは“意識改革”だとおもいます。

静岡でわたしが観たのは14時の回だったんですけど、見渡す限りお客さんはぎっちり入ってるのにびっくりするくらい歓声が小さかった…。盛り上がってないわけじゃないけど、盛り上がりを音声で発するタイプのひとが少なかったのかな…てそれ通常のワタクシですが(キャーッておもったら声に出さずにノートに「キャアアアア」て筆記)、客席のワタシがそう感じるくらいだからステージ上の5人はおそらく肌で感じすぎてヒリヒリ痛むくらいだったことでしょう。聖がいつも以上に「おめえらああああああああ!」て必死に煽っていた。なのでオバは黙せよ、がモットーのワタシもちょっと不安になってきて、オバですいません><と陳謝しながら歓声に参加しました。
わかります、彼らは歓声を浴びてこそ元気を出せる、というか調子にノれる子たちだってことはわかります。打たれ弱いからこそキャアキャアいわれてないと自信がもてないんだろうっていうのは何年も前からの見解です。ここ数年、狂ったような金きり声で名前を呼ばれるのがライブでのデフォ環境だったことを考えたら……あの静岡の空気には不安と焦燥を感じたことでしょうよ。ちょ、盛り上がってねえんだけど今日!もしかしてつまんないの?!とか。そして仕舞いにはおまえら盛り上がれよ!とイラッともしただろうし。ほんとーに声出てなかったんです…。
でもみんなつまんなかったわけじゃないとおもうのです。これは客層の変化が大きな要因ではないでしょうか?
まず「じんー!キャアアアア抱いてえええええ><」系のひとは今回ごっそり抜けてるだろう。その層がいないと張り合って声あげてた子がトーンを落とす。ハヤリにくっついてた一過性のファンは旬を過ぎたと感じた時点で離れただろう。バック担のひとたちも、えびやキスマイはそれぞれの単独公演へ分離。そしてギャーギャー騒ぐのを美徳としていたヤングもちょっとずつ大人になったのでは。だって気づいたらステージのひとたちが25歳とかですよ・・・・・ など考えると、空気がまったり傾向になるのも不思議ではない。
けれど本人たちはそうは思ってないからここにちょっと問題が発生します。盛り上がっていないのか、という焦りを煽ることで解消しようとオラオラてんこ盛り攻撃。でもきっとそこはオラオラじゃだめなんだ。でもカツンはオラオラ以外の方法を知らないんだよ、だってここまでずっとそれでやってきたから。
「これが俺たちのスタイル」「俺たちのイメージはやんちゃで悪っぽい」「それこそが俺たちの武器」というのはもはや刷り込みである。そのイメージに囚われているのはファンではなくむしろ本人たちなのです。
だってファンは見てるもの。5人でいて自然とゆるーくなったカツンの雰囲気の変化を敏感に察知しているもの。それを「かわいいなあ」ってニヤニヤしながら見守っているのが楽しいのに、そこへ必死に悪ぶってこらてもなあ。
Goingの衣装についても「白いのと黒っぽいの(えむすて2週目で着用したバラバラのデザインのもの。黒くないけど「黒っぽい」と表現してたところがすでに…)とドッチがいい?多数決とろう!」と客席に挙手させてみたら白派がだいぶ多くて、本人たちがその結果にかなり驚いてたことにコッチも驚きました。いかに「俺たちは白キャラじゃない」と思い込んじゃってるんでしょう。ファンが求めてるものもカンチガイされているという!

まあだからってカワイコぶれとかサワヤカ路線でいけとか、そういうあざとさを狙えとはいいません。ただ、そういうのも全然アリっていうのは理解してほしいし、これまでのイメージを頑なに守る必要なんてない。“武器”はここ一番でつかってこそ威力を発するのだぞ。
そしていまのカツンに失うものなんてないんだから何を恐れることもない。それも含めて意識改革をしてもらいたいです。
“プロデュース”ってむずかしいものですね・・・・・・


あととりあえずサンチェさんにはコンサート演出の才能ぜんぜんないとおもうからおとなしくコレオグラファーの職域に収まっといてください。
盛り上がる流れをつくれば自然とついてゆきますよファンは。

でも昨年の福岡のあのいやーなグダグダ感をおもえば、構成イマイチでも空気のよさで十分楽しめます。だってかわいかったもん!かわいかったんだもん!!!上田くんがちゃんとクツ履いてきてたんだもん!!!!!(そこからかー!)
以上、現役を退いて気楽になったからこそテキトーなことを言いたいように言う古参の戯言でした。


しかし自担のソロに食いつけないのツライ^^


【追記】
やっぱり田口くんと聖はリアル「ヤンキー君とメガネちゃん」です。断言。2008年から言ってたのにまさかドラマ化されるとはキィーくやちい!

| えみベイベー | 日々カツーン | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |