無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
UTAO-UTAO
昨日の「さいきん観たものメモ」にジュ・シャント(宙バウ)が漏れていたことに気づいた!ノーウ!
ついでにいうと写楽メモで山路さんがすてきだったことに言及していないノーウ!(※宝塚ぼーいず以来山路さんが好きです。)まあ山路さんが渋くてハァハァな殿方であることはワタシなぞがいまさら言わずとも周知の事実なのでいいとして。


ジュシャントですよJe Chante。すっごいありがちでこれまでに散々使い古された超絶ベタな設定および展開でありながら、ここタカラヅカなんだしベタ大いに結構じゃないか!とおもいがけず気持ちよく受け入れられた作品でした。主要キャラを絞ったことが作品としては功を奏したかと。(結果、アンサンブルに徹した出演者が多かったことはタカラヅカ的にどうなのかって話ですが。このへんの兼ね合いはいつも難しい…。)
同時期に梅田で「主要キャラを絞るわけにはいかない」という前提のためにおかしなことになってしまったシャングリラを観てイライラの絶頂にあったこともあり、余計にこの王道ベタな世界に癒されたのでした…。

一幕ラスト1分で春風がすべてをひっくり返すというトンデモ展開には盛大に噴きました。細いカラダと細い声で必死にがんばる凪七くんの姿に、うんうん一生懸命でいいね、さわやかで少年ぽさが魅力だね、とこちらも親心で見守っていたところでスーツに身を包んだ春風(ゲオルグさんだったか)が男役120%で現れてしまったらそりゃアンタ・・・・・!そこはせめて70%くらいに抑えてくださいよ(戸愚呂的に)と心のなかでツッコミしつつ、「男役っていうのはやはりだね、」という己の本心が仮眠から目を覚ましてしまったのでした。シャルル(凪七くん)は、ガイズでナイスリーが着てたワインカラーのチェックのスーツがよく似合っててかわいかった。シンメはいちで、こちらは同じくおそろいの黄色のチェックスーツを着用。なんというカレーパンマン!※褒めてます。大変よいでこぼこなかよしコンビでした。
いつのまにかアリスもすっかりと大人の女になったのだなーなんてしみじみ。なんという上から目線!一幕のかわいいジジちゃんに若干の違和感があり、このまま通すのだとしたら娘役ってほんとうに大変な職業だな…と手に汗握っていたのですが、数年後の物語が展開される二幕との対比のためだったとわかり一安心。アリスはかわいいかわいいと言われかわいい役ばかりふられてきたけど、ワタシとしては彼女の本来の持ち味はそこじゃないと思っていたのでようやく観たかった女性像が拝めて嬉しかったです。パリが憧れるレビュー界の華。コケティッシュな笑顔と羽根をあしらったきらびやかなドレス。
ナチス将校のゲオルグさんが自由な歌いびと・シャルルを目の敵にして、離れていく愛人リーズ(ジジ)を必死につなぎとめようとするという本当にベタな話で、そしてシャルルを狙って発砲したゲオルグの銃にシャルルを庇ったジジが撃たれるというほんとにほんとにベタな展開なのですが^^ ジジがシャルルの腕に抱かれて最期を迎える場面はまるで「ファントム」のラストのようでした。エリックとクリスティーヌの立ち位置が逆ですが。二人の心があまりにまっすぐで、澄みきっていて、その美しさには涙しか出てきませんでした。

フィナーレの黒燕尾の群舞が春風センターで銀将に寿・珠洲というガチすぎる布陣で、おもわず参りましたーっとその場で平伏したい衝動にかられたのはワタシだけじゃないはず。眼福でした、ごちそうさまでした!春風はすさまじい気合いで動きの一つ一つに「ビシィィィィィッ!」とジョジョ擬音をかぶせたいほどでした。が、隣のすっしーさんを見るとこの局面においてスッと力を抜いて踊っているんですよねー。それがまたかっこよくてねえー!なにこの余裕ステキ!!これが経験の差というものなのか……。なんでもできちゃう玄人キャラ春風の“若さ”を垣間見れたいい時間でした。
そのあと打って変わって凪&アリスの「純白の王子様とお姫様のおとぎばなしデュエットダンス・タイム」という演出に原田てんてーの手腕をみたね。これ、正解だとおもいます。


舞姫あゆみちゃんが薔薇雨のアンサンブルで美羽クンがかぶってたエスパー魔美ちっくなヅラをかぶっていてほんとうにビクゥッ!てなったのよ。幻影かとおもった。似すぎてる!なぜ同じヅラをかぶってくるのだ!
……そんな舞姫ちゃんも退団です。宙ヤンブラ(十主演)ではヒロインでした。
そしてなにより、この作品・この役がアリスの集大成だったとは思ってもみなかったのでした。ここからアリスもおもしろくなっていくなーと勝手にわくわくしていたんです。

ワタシは咲花杏さんのファンだったので、アリスは特別な存在なのです。上に美羽・音乃がいて、同期にたっちん、下にはアリス… あのころ宙組娘役はまさに花の盛りでした。“路線”といわれる顔ぶれのなか、とくに和音・咲花・花影は近いところで切磋琢磨していた。そんななかしゃきはなが一番先に突然の退団。それから数年たち、とうとう最後に残ったアリスも卒業です。いろいろ思い出すし、いろいろ考えちゃうよね・・・・・・


| えみベイベー | 宙組・観劇おぼえがき | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |