無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
ラッパがぱぷー

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

(それもう挨拶おわったよ自分で書いておいて忘れないで!)


びっくりですね!「いま日本は2010年1月18日だ。」えええー!ブログちっとも更新してないのに年明けてそんなに経ってたのー?!
ついったー常駐にはなるまいぞ、と心に誓って出戻っていったはずなのに…己の誓いの価値のなさをあらためて思い知った。テキトーにしょーもないことをつぶやいていると案外ここに書くネタがなくなってしまうのですよ。観劇してないし。松が明けるまでは春のシャングリラのことで頭を悩ませながら過ごしていました。その先にある悦びを得るためには避けて通れぬ苦しみ街道……楽しいのに楽しくない><でもやめられない><
それもなんとか落ち着いて、そしてこの週末に、42日ぶりに『カサブランカ』の世界に戻りました!カサブランカはワタシを待っていてくれた!…とおもいたい!おもわせてくれ!



大劇場公演ですでにひとつの極みに到達して、作品としての完成度は十分に高かったと思います。(それは生徒のポテンシャルだけに頼るのではなく脚本・演出の段階でしっかりしていたのが大きいかと。)なので「すごーい☆☆☆ムラからこんなにもよくなってるゥ〜!」とかじゃないんです。よくいう「ブラッシュアップ」てまさにこのことだよね、いまワタシ目の当たりにしてるよね、という感動。
 「一定のレベルに達した状態からさらにみがきをかけること。」by大辞林
磨かれてたねえ…!完成形をみたからこそ磨く余地のあるところも見つかったんですね。

リックとラズロの体感年齢が若干下がった印象を受けたんですけど、これはそうしようと設定変更したわけじゃなくて二人ともキャラクタを咀嚼した結果の自然のなりゆきなんじゃないかしら。その役を演じる!なりきる!というところを通り越して、体内に取り込んだ役と自身が同化して、それが内側からじゅわっと出てきてるかんじ。
でも実際ゆうひさんの頭部の黒い部分は増えてたとおもう(!)


舞台外のはなしになりますが、ムラ公演終盤のころの「土日のチケットがない!」「観たいのにチケットがない!」というファンのチケットプア現象は、カサブランカでビザを求める亡命者たちの群れのテンションに通じるものがあったなあ。渇望という名の異様なテンション。だから観劇できる喜びもひとしおでした。“またカサブランカの世界に行けるんだ!”って。広場の場面を観ながらそんなふうに12月の熱狂を思い出しました。
あの客席の熱気は確実に舞台へ伝わっていたと思います。だからいっそう舞台は気迫を増して輝いていた。お互いの熱気と気迫と集中力が真っ向勝負した結果すごい相乗効果が発生!あれはライブの醍醐味ですな…。
群集場面については、止めどころのわからない必死さ加減が混乱した街の雰囲気に通じていてまたよかったんですよね。今回東京で観て、相変わらず迫力もあってうまいんだけど、ここは逆にあの荒削りさが生きたムラの空気のほうがビシビシくるものがあったな…。

ツユさん(花露さん)のソロの尺をもちっと延ばしてあげてくれんかのう。もったいないなー。悲壮感も相変わらずですが表情にひきつけられます。その表情からダンナと死に別れてここまで来たのかなと想像しているのですが、あの時代に女一人で亡命って…だったらいっそ……、とも考えるけど、そこへ「生きていれば 命さえ長らえれば」という歌詞が重なると命の重みや生きていることの価値をあらためて感じるのです。だから彼女も一人でも生きることへの執着を捨てないのかな。そんな勝手な空想設定をくりひろげています。
その場面のアニーナ(アリス)のお召し物は本当にどうかとおもう!ブルガリアマダム空気読めてなさすぎ!ちょっと、スタッフゥー!(アリスに罪はない。)

そして騒ぐ亡命者たちを横目に淡々と日常を送るムーア人たちの対比がシュール。そもそも植民地として列強各国に勝手に取り合いの対象にされてさんざっぱら不安定な情勢が続いていたのだから、ドンパチの中心にいる人たちはそのときどきで様々な思惑があっただろうけど、ふつうに暮らしているふつうの国民たちは「支配者が変わっただけ」と思ってるフシがあるのではなかろうか。
あと自分たちは何があっても結局この土地を離れることはできない・「カサブランカで死ぬ」ことがわかってるから、逃げ延びるために騒ぎわめく白人たちを妙に冷めた目で見るのも道理か。


宙ぐみ摂取するとやっぱり元気になるー。
またダラダラと思いついたことを書いてゆきます。

| えみベイベー | 宙組・観劇おぼえがき | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |