無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
風雲!しゃんぐりら城
本日よりBS-2にて毎年恒例の一日一タカラヅカの放送がスタートです、…油断してたああああ!HDDの空き容量がぜんぜん足りないいいいい!(CSハイビではパラプリ/ダンフォユもやるのです。国営放送さんには「そらぐみはなんでも5番目」という暗黙ルールは適応外だった。) ダビングも削除もめんどくさくなって、いい機会だしそろそろブルーレイに移行するか…と今朝は考えていたのですが、シャングリラの出演者発表があってそんなことはもうどうでもよくなった!映像<<<<<<<生 です! 
しかし薔薇雨とアムール録画しても、ワタシまだ見れる勇気ないんですけどね・・・・・


年末進行してるんだから年末なのは当然なのですが、渦中にいると時間の経過がマヒしてくるから年末っぽさを肌で感じてしみじみする感覚がない。しかもワタシは風邪で寝込んだので余計にわけのわからぬうちに「今年もあと10日!」ラインに立ってしまっています。
そして意識はシャングリラへとんでます。
あらためてあらすじを読んで、その中二っぷりにマスクしていてもニヤニヤしているのが隠せないぜ。

とりあえず思いつくままにメモします。
(ただの妄想劇場なのでいろんな意味で気にしないでください。)

このあらすじにある「記憶喪失」「二人を待ち受ける過酷な運命」というくだりが「ソラ(=ゆうひさん)がじつは龍王でした」フラグでしかないわけですよ経験上!中二が読むマンガとかゲームとかそんなんばっかりですよ!
“生き別れた双子と再会したものの魔王に洗脳されて黒戦士になっていて主人公の前に敵として立ちふさがったさぁどうする”、とかね!今回は双子設定はさすがに出てこないと思うけど参考までに一例として。身の上に謎をもつのがおんなのこだと「じつはお姫様だった」、男子だと「じつは魔王側の○○」という展開に転ぶ傾向にある。あるあるある。
で今回の場合はサンプル画像のビジュアルから推測しおそらく「ソラが龍王だった」オチで、その記憶が戻ったときにあのひとは自分の背景に里中満智子ばりの稲妻トーンを貼ってくるわけですよ。「おれはもう…おまえたちと一緒にはいられない……!」って旅芸人一座の仲間たちの前から姿を消すわけですよ、で次に現れたときは龍王の装束を身に纏ってんの!ここで「操られて正気を失っている」もアリですね。中二らしくていい展開ですよ、その場合はミウ(すみか)が「目を覚ましてソラ!」て刃の恐怖を恐れず近づいていって刺すか刺さぬかのところで愛の力でソラは正気を取り戻すの。これ中二の法律で決まってるから。(“じつは兄妹だった”コースもあるけどそれは現在まだアヤネ様が特許権保有者なので今回はその線はナイとみた。)

旅芸人の一座の構成メンバーは一座の長で美雨の兄に北翔さん(歌いまくる。その歌声にのせて踊る妹。『じん』の小出と綾瀬みたいな関係性を希望)、くっついてきてる若い男に大(見た目はチャラいけど情に脆い)、あと女子がひとり入るだろうけど誰がきそうかちょっとよめない。個人的に愛花はシャングリラ側の女戦士枠を希望します。

蘭ちゃん(notらんはなちゃん)が現在のシャングリラを実質治める王だとおもう。ヒャッフー暴君!暴君!王位継承的な争いではなくクーデターで王位を奪った将軍を希望。アンソニー・ブラックさんとは異なる作りでお願いします。となるとその美貌の王がそば近くに従えている屈強なガーディアンが悠十としか!おもえない!またそんなんか…!
でワタシの好みでゆうやと七海くんにはヒールをさせたいのでこっちに入れる。ここは中二らしく「イイ男が4人揃えばそれすなわち四天王」としておくべきか。おそらく七海くんあたりが良心の呵責に耐えかねシャングリラの秘密(アバウト)を旅の一座に漏らしたりするんだぜ。

あー!龍が水の神様であることを考えると、“龍王”を名乗るってことは龍にまつわる特別なチカラを持ってる設定もアリか!となると現王はソラのそのチカラを利用しようと彼を追い、ソラはそこから逃げている(途中で記憶を喪う)。最後にシャングリラが崩壊するのは龍の力の暴走で、それを収めるのはミウの一途な愛の力、という黄金パターン。で、おそらく四天王のうちの誰かは現王に殺されるね。
(上で書いた“秘密”っていうのが「かつてシャングリラにいた真の龍王には特別な力があった…、隠されているが我々が水源を支配できたのはその力があったからなんだ。いま王は消えた龍王を探している」とかなんじゃないの?)(じゃあ殺されるのは七海!)(だな。)

そんなわけで最後にシャングリラは崩壊するとおもう。バルス!そしてすべてが無に還り、嵐のあとに生まれた美しい水を湛えた湖からすべてをやり直す。ソラはそこに残り、ミウは兄たちとまた旅に出る。小柳女史ルールで「主人公とヒロインは目に見えるカタチでは結ばれない、でもそれでこそ至上の恋」がまた発動するにちがいない。その分フィナーレでゆうひさんが幸せそうな顔してすみかとデュエットダンスを踊ればいいとおもうの。


とりあえずここまでメモってみた。
ワタシこれ・・・・・どらましちーと青年館で上演するタカラヅカの2時間の舞台ってこと忘れてますけど・・・・・まあいいか。ワタシのなかの中二(愛読書は「炎の蜃気楼」と「タクミくんシリーズ」です)が勢いだけで自動書記しました。すいませんでした。
 
| えみベイベー | 日々宙組 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |